そうだ、産業戦略にきいてみよう
MOT 名古屋工業大学 産業戦略工学専攻

そうだ、産業戦略にきいてみよう

企業にさらなる飛躍をもたらすコミュニケーションサイト

企業人が持つ知見、現場での課題、問題を共有し、共に考え、悩み、答えを導き、未来に向け企業にさらなる飛躍をもたらす”コミュニケーションサイト”

それが”そうだ、産業戦略に聞いてみよう”。

国立大学法人名古屋工業大学大学院産業戦略工学専攻が誇る各種専門分野の教員が持つ知恵と、企業の実際の現場の知を結びつけ、現場で使える真に役立つ知見としてまとめあげます。

テーマもジャンルも制限はありません、企業の方々からのご意見・生の声をお送り下さい。

すべての始まりは『MOTシンポジウム2009』

MOTシンポジウム2009

”そうだ、産業戦略に聞いてみよう”は、2009年11月に開催された”MOTシンポジウム2009”に参加された600名を越える方々の想いに耳を傾けたいという想いからスタートしました。

“名古屋工業大学MOTシンポジウム”は、技術経営に関する最新知見を産業界に広くご紹介するために年に一度のペースで開催。

わが国のものづくり中核拠点・中部地区において1世紀の歴史を誇る唯一の国公立工科系単科大学、名古屋工業大学。

工学系ビジネススクールとして企業の研究・企画・開発部門を中心に多くの実務家を受け入れてきた実績が持つ 産業戦略工学専攻が、「技術の市場化・事業化」に焦点を当てて、本専攻独自に磨いてきた「技術を活かすための考え方と方法論」を紹介。

その成果により産業界における本シンポジウムの価値は年々高まっていきました。

しかしながら年に1度のシンポジウムのみではなく、もっと日常的に産業界に貢献することを考え、コミュニケーションサイト”そうだ、産業戦略に聞いてみよう”は誕生しました。

企業が持つ意見を集め、産業戦略工学専攻が持つ考えや方法論と融合させることで、実際の現場での問題発見や課題解決に役立つ産業界に役立つ新たな知見を生み出し、企業にさらなる飛躍をもたらします。

産業戦略が考える、新しい産業界への貢献手段”そうだ、産業戦略に聞いてみよう!”を一緒に育ててまいりましょう。

 

【そうだ、産業戦略に聞いてみよう 概略】

  • どなたでも参加できる「ウェブ上での議論の場」です。皆さまからの自由で率直なご意見をお聞かせ下さい。
  • ウェブ上での責任ある「実名言論」の場としたいと思っておりますので、投稿者のお名前を公開させていただきます。お名前(実名)のない投稿は掲載しません。ご了解の上、ご参加下さい。
  • 皆さまからお寄せいただいたご意見に対して、その内容(肯定、否定など)に関わらず、最も説得力を感じた、または最も啓発されたご意見を「ベストコメント」として1点選びます。
下記のテーマについて、ご意見をお聞かせ下さい
no.01 技術戦略 いかにして次期開発テーマを策定するか?
no.02 人財・能力開発 いかにして従業員の動機付けと能力を高めるか?
no.03 新製品開発 いかにして競争優位な製品を開発するか?
no.04 営業革新 いかにして日々の営業活動を革新するか?
no.05 組織改革 いかに組織を活性化し、全社レベルで変革するか?
no.06 その他 知財戦略、財務戦略、管理部門の変革など
みなさまのお声をお気軽にお寄せ下さい!
■ テーマをお選び下さい
いかにして次期開発テーマを策定するか?
いかにして従業員の動機付けと能力を高めるか?
いかにして競争優位な製品を開発するか?
いかにして日々の営業活動を革新するか?
いかに組織を活性化し、全社レベルで変革するか?
知財戦略、財務戦略、管理部門の変革など
■ 下記項目に必須項目をご記入の上、ご投稿下さい

※入力項目はすべて必須項目です

氏名

メールアドレス

メールアドレス(確認)

※コピーせずにもう一度メールアドレスをご入力下さい

所属

部署・役職

ご意見

※投稿のおおよその分量は400~800字程度(長すぎると投稿されない場合がございます。)

 一言コメントではなく小論文形式の投稿を特に歓迎します。

※入力内容をご確認の上、お申し込みボタンをクリックして下さい。

ご投稿いただいたご意見は、左のような形でコメントページに掲載させていただきます

【投稿に関するご注意】

すべての投稿は「そうだ、産業戦略に聞いてみよう」担当者の目を通してから掲載されます。時間帯によっては、表示までに時間がかかる場合もあります。個人への中傷、虚偽や営利目的の情報への言及、テーマにそぐわないと判断された投稿は掲載しません。また、論旨を変えない範囲で文章に手を入れる場合があります。あらかじめご了承下さい。

※投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。