特別履修コース

産業戦略デザイン特別履修コース

 この産業戦略デザイン特別履修コースの最大の特徴は、一般学生と社会人学生との共学です。さまざまな分野の一般学生と社会人イノベーションコースの学生が参加し、テーマを深堀していきます。分野と年齢、所属を超えた学生・教員との議論は、異なる視点での意見や見識を得ることができるチャンスです。また、様々な分野でご活躍されている方を外部講師にお招きし、ファシリテーション、エスノグラフィー、プレゼンテーション等研究や組織で必要なスキルも授業内で学び修得することができます。

[特別履修コースの修了要件] ※修士課程の修了要件とは異なります。

 創造工学教育プログラム以外の一般学生および社会人イノベーションコースの学生は所定の手続きを経て産業戦略デザイン特別履修コース指定の科目を履修することにより、学位に加えて特別履修コースの修了証明証が授与されます。

夜間開講の「工学デザインワークショップI~IV」から単位以上、「技術プレゼンテーションⅠ」、

および

経営システム分野の学生:経営システム分野以外の専門科目 単位以上

経営システム分野以外の学生:経営システム分野の専門科目 単位以上

を含む計32単位以上

 

修了生の声
社会工学専攻建築・デザイン分野  山口 洸貴 さん
(2018年度受講 2019年度M2学生)
 
  普段社会人学生や他の分野の学生と課題や議論をする機会どころか接点すらあまりなく、そんな中様々な人がい集団での活動は今まで培ってきた専門性の再確認や、異なる分野の人の持つ、異なる思考に触れることで専門性のなかで凝り固まった思考が広がったり、集団のなかで自分の果たす役割を学ぶことができました。
 また就職活動においても、発表の練習やエスノグラフィーや異なる専門分野の人との関わりなど大いに役立つものも多かったです。

電気・機械工学専攻機械工学分野 水野 滉太 さん
(2017年度受講 2018年度修了生 )

 学生の私にとって産業戦略デザイン特別履修コースは,専攻分野以外の幅広い学びの場であることに加えて,業界,企業,職種の異なる多様な社会人学生の方と交流する貴重な機会(チャンス)でした.特に,この機会から得た学びは就職活動で活かすことができました.当時,私は就職活動をしていたため,グループワークの休憩時間に同じグループの社会人学生の方に仕事内容や働き方を聞いていました.そこで様々な社会人の方の働き方を学んだことで企業,職種選びなどに対する視野が広がりました.また,就活の相談をすると,学生とは異なる視点から意見を頂くことができ,考えをより深めることができました.

社会工学専攻経営システム分野 伊藤 健太郎さん
(2016年度受講 2017年度修了生 )

 私は産戦での経験を通し大きく成長することができたと考えていて、その理由は2つあります。1つ目は、他分野の学生や実務経験豊富な社会人の方々と議論し合うことができ、多様な考え方や個性を学べたことです。2つ目は、あらゆる分野の先端を担う先生方や外部教師の方々の講義を受けることができ、技術を活用し課題を解決するためのプロセスを学べたことです。就活ではこれらの産戦での学びを全面に打ち出しHondaの内定を勝ち取ることができました。
 現在はVRやMRなどのデジタル技術を活用しHondaの5年10年後の開発のありかたを考えていく仕事をしています。やる気のある学生にはこれ以上の成長できる環境は他にはないと思いますので、産戦での皆さんのご活躍を楽しみにしています。

名古屋工業大学 社会人イノベーションコース