Q&A

よくある質問

入試の時期はいつですか?
例年、夏(8月)と冬(2月)の2回入試が行われます。
募集要項の入手方法を教えてください。
大学のウェブサイトに掲載されている内容をご確認ください。   https://www.nitech.ac.jp/examination/in/request.html
出願はどのようにすればよいのでしょうか?
名古屋工業大学のウェブサイトに掲載される募集要項に従って出願ください。資格審査が必要な方は締め切りが早めに設定されておりますので、ご注意ください。
また、出願前に研究テーマ等のご相談をしていただいております。必ず問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。
自分の専門分野の先生に一度相談をしたいのですが、どこに連絡をしたらよいでしょうか?
問い合わせフォームより、研究テーマと指導を受けたい教員の名前、相談内容を入力の上、送信ください。(教員によって対応ができる場合とできない場合がございますことをご了承ください。)入試の書類を提出前に、必ず本コーススタッフへご連絡をお願いします。
授業の見学はできますか?
はい、可能です。お問合せフォームよりお知らせください。後日見学可能な日をお知らせいたします。
授業はいつ行われますか? 土日のみですか?
授業は、火曜・木曜 18:00~21:00に、必修の授業があります。
また主に土曜日に集中授業があり、昼間お仕事をお持ちの方は、この集中授業を履修し専門科目の単位を取得していることが多いです。
修了要件に含まれている共通科目は、平日の昼間開講されており、集中授業(3~4日)を履修なさる社会人学生がほとんどです。
授業の他には、授業で行うグループワークの準備やご自身の研究と指導教員からの研究指導等が必要になってきます。
奨学金等の経済的援助は受けられますか?
専門実践教育訓練給付金の支給額は、教育訓練経費の50%(年間上限40万円)となります。
また、専門実践教育訓練の修了後1年以内に、目標として設定した資格を取得等し、雇用保険の被保険者となる就職をした場合は、教育訓練経費の70%(年間上限56万円)で専門実践教育訓練給付金を再計算し、既支給分の差額を支給されます。 (2019年11月現在)
受験前に研究室を訪問してみたいのですが、可能でしょうか?
各研究室によって研究室訪問の受け入れの態勢が異なっております。詳細は各研究室のウェブサイトなどでご確認いただくか、研究室まで直接お問い合わせください。
学部では文系だったのですが、入試を受けることは可能でしょうか?
社会人イノベーションコースでは幅広い分野からの人材を募集しています。但し、大学院の授業においては工学に関する基礎をある程度理解していることを前提にしますが、過去の卒業生においても文系学部卒の方は数名いらっしゃいます。

その他、ご不明な点などございましたら、お問合せフォームよりお知らせください。

 

タイトルとURLをコピーしました